気遣い不要で故人を見送ることが可能な家族葬

家族葬の場合、極論を言えば家族だけがお葬式に参加するメンバーとなります。もちろん、親戚を呼ぶ人もいますし、かなり親しかった間柄の人がいれば会社関係の方などを呼ぶケースもありますが、基本的には家族葬と呼ばれていることから家族だけの少人数でお葬式を行うことができるのです。このような状況は金銭的な面でもリーズナブルにおさまるという魅力があるのですが、そもそも家族以外の第三者を招くことによって発生する様々な気苦労がないという魅力もあるのです。お葬式において故人や自分たちの会社関係の方を招くとなれば、当然ながらその中には上司などの存在もあります。

また、故人の関係者の場合、上役であるかどうかに関係なく、やはり相当な気遣いをすることになります。せっかくお葬式の場に顔を出してくれたのですから挨拶をしないわけにはいきませんし、食事中にもお酌に回ることとなります。また、生前にお世話になった方々にはお礼も伝えなければなりません。このような行為を通夜やお葬式の中で行うこととなり、慣れていない人にしてみれば相当な心労となります。さらに、家族が亡くなった直後の時間にこうしたことをしなければならないのは、人によってはその苦労はかなり大きなものになることがあります。しかし、家族葬という形であればこのような苦労がなくなると言われています。

極論である家族のみでお葬式をした場合には、そもそも家族だけしかその場にいないわけですから挨拶やお礼などを言い合うことはありません。また、親戚に来てもらった場合にはさすがに最低限の挨拶などはしなければなりませんが、日頃からお互いを知った親戚が相手ですから、会社の同僚などに挨拶するほどの苦労はありません。さらに仕事や近所の方などを招く形のお葬式の場合、お手伝いに来てもらったりするケースもあり、そのようなお礼は別途しなければならないこともあります。しかし、家族葬の場合にはそれもありませんから、心理的にも楽な気持ちでお葬式を行えると言われています。だからこそ、お葬式を考える際には覚えておきたい形なのです。