家族葬なら自宅での実施も可能

家族葬はアットホームにお葬式を行えるプランとして、近年このプランを選ぶ人が増えています。そして、アットホームにお葬式ができるということは気遣いなどもなく、自分たちだけで静かに故人を見送ることが可能ということです。この家族葬ですが、自宅で行うことも可能です。そもそも参列するのが自分たちだけなので会場を使用することなく、自宅から見送ってあげたいと考える人もたくさんいます。そのため、家に祭壇を作ってもらい、そこで見送るというケースもあります。

自宅で最後の時間を過ごしてもらい、そこから旅立ってもらいたいという思いを抱きつつもお葬式を出すとなれば、やはりスペースなどの問題で式場を使用しないといけません。しかし、家族や最低限の親戚だけでお葬式を出すということならば、葬儀業者に遺影やシンプルな祭壇などを準備してもらい、自宅の中でお葬式を行うことも可能なのです。

そもそも以前は自宅でお葬式をすることが多かったものです。会場を使用するようになったのは、多くの方が訪れるからであり、それだけの方々を収容できる家など今の時代は少ないために、お葬式をおこなう際には専用の会場を使用するというのが一般的になりました。しかし、今は逆に家族だけでシンプルなお葬式を求める方も多くなっているため、再び自宅でのお葬式をおこなうことが可能となっているのです。そのため、家族葬をおこなう上ではこのようなメリットもあることを覚えておきましょう。

ただし、家族葬の場合、それぞれの葬儀業者が専用のプランを用意しているケースが多いです。それらは定額制となっていますが、これらのプランはその葬儀業者が持つ会場内で式をおこなうことが基本となっています。そのため、自宅でのお葬式には対応してもらえるケースと対応してもらえないケースがありますので、あらかじめ確認しましょう。仮に自宅での対応となっても備品などを運び入れる手間などがかかるため、会場でおこなうよりもかえって割高になってしまうこともあります。そのため、このようなポイントも確認した上で、自宅での家族葬をおこなうか否か、最終的な決断を下すようにしましょう。